ポリシー ポリシー
「より良い視生活の提供」
 メガネは「物を心地よく見るための道具」と考えています、従ってどんなに似合うメガネでも良く見えなければ意味がないと考えます。「より良い視生活の提供」を合い言葉にメガネ、視力に関するわかりやすい情報提供をおこないます。

検査・加工
検査・加工
SSS級・SS級認定眼鏡士が検査
視力検査・加工は認定眼鏡士が以下の手順で行います。

(1) 問診    お客様が困っていること、不便に感じていること、要望、必要があればご病気に関することのインタビューをします。遠慮なくどんどんいってください。ここに一番時間をかけます。 検査
 
(2) 予備検査    裸眼視力・カバーテスト(目の大まかな位置関係の測定)瞳孔距離・利目など
 
(3) 屈折検査    一般的に行われている検査です。片目ずつの検査が主体になっています。特に乱視の検査には時間をかけています。
 
(4) 両眼視検査    偏光板を使った検査が主体となります。両眼を見開いた状態で行いますので日常の見え方に近いです。
@) 疲れ目のひどい A) 乗り物酔いしやすい B) 物が二つに見えることがある C) 遠近感が思わしくない D) 顔を傾けると楽に見える E) たまに斜視になっている方などは必須です。
* 必要に応じて目のまわりの筋力を測定することもあります。
 
(5) 調節力検査    俗に言う「老眼」の方は必須ですが、何らかの理由で調節に問題が起こっている方も行います。
 
(6) 度数合わせ    諸元値(裸眼視力・今まで使っていた眼鏡の視力・最高視力の度数・両眼視データ)を勘案し、問診のデータを元にお客様とこれから作る眼鏡の度数を相談します。
 
(7) 装用テスト    通常は5分程度、慎重を要する場合は15分程度試しがけします。
  ⇒ 度数決定

販売
販売
お客様へ「選択肢」の情報を提供
 高いレンズを使わないと目に良くないというようなことを言われて高額なレンズを購入されたことはないでしょうか?

 でもこのような例もあると思います。読書用のメガネの欲しい方がブランドフレームに高品位レンズを使い30,000円でした。
しかし読書用メガネはいろいろなところに置いておきたいはずです。であればレンズは多少厚くても15,000円のレンズを2本持っていたほうが便利なはずです。

 このようにメリット・デメリットをしっかり提示し、お客様に「選択肢」をご用意して、納得してお求めいただきたいと考えております。
販売

ファッション
ファッション
コーディネートもお手伝い
 メガネは「物を心地よく見るための道具」とはいえファッションセンスを軽視しません。顔の輪郭、目の距離、眉のかたち、鼻梁のかたち、TPO,それぞれのバランスに合わせたフレームの型をご提示します。
 また色に関しては日本色彩学会、村上利惠子先生の指導によるプログラムにより、お似合いの色を選定したします。これは化粧、洋服、装飾品などにも応用ができるものです。
 当店社員は文部科学省認定AFT(社団法人 全国服飾教育者連合会)の色彩検定を取得しています。
ファッション

保証 保証
安心の「6ヶ月間無料保証 」
 メガネは慣れの時間が必要な場合もありますが度数の変更が必要な場合も少なくありません。そこで当店では度数変更・レンズの破損は6ヶ月間無料保証をしています。度数の変わりやすい学生さん、初めての遠近両用メガネなどにも安心してチャレンジできます。